相模原市・町田市・八王子市の不動産の事なら
センチュリー21ツーユーハウジングにお任せください!

  • キャンペーン情報
  • 更新情報一覧
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
btn_header01_no.svg

売却相談

不動産売却の理由はそれぞれ異なります。また売却条件や引越しのタイミングなども様々です。
まずはお話をお聞かせください。
法律・税務についても弁護士・税理士と連携しておりますのでご安心してご相談ください。
あなたに合った「ベストな売却プラン」をご提案させていただきます。

売却相談 無料査定!相談無料! 価格を知りたいだけでも 買取工程表

任意売却

住宅ローンの支払いや滞納にお困りの方
1. 住宅ローンが払えない、住宅ローンを払えない状況になりそう
マイホーム(不動産)を購入する場合、ほとんどの方がローンを使い、
長期間にわたり分割して金融機関に返済していく方法を取っております。
家族の為にマイホームを購入した後、病気・リストラ・収入減・離婚あるいは相続といった
様々なご事情により、住宅ローンが払えない、住宅ローンを払えない状況になりそうな人が急増しておりますが、
どう対処してよいのかわからず、そのまま放置してしまう方も多いようです。
2. 自宅を売却するには、住宅ローンの残債(残債務)を一括返済しなければなりません
住宅ローン融資を使い不動産を購入する際、金融機関は、融資の担保として購入した不動産に
抵当権を設定し、住宅ローンの返済が出来なくなった場合の保険をかけます。
また、固定資産税などの税金滞納が続くと、役所は税金回収の為に、所有の不動産に差押えの不動産登記を行います。
不動産(マイホームや投資物件)を売却する場合には、住宅ローンなどの残債を全額返済し、
不動産登記された抵当権や差押えなどを解除する必要があります。
3. 売却したいが、全額返済できない場合の手続きが、任意売却
住宅ローンなどの残債を一括返済できない場合に、債務を残したまま
抵当権や差押えを解除してもらうのが、任意売却です。
任意売却は、債権者である金融機関に合意を得てから売却手続きに入りますが、
住宅ローンの支払いが遅れていない状況においては、任意売却での売却を認めていただけません。

任意売却の流れ

住宅ローンなどの支払いが困難になり、住宅ローン滞納が始まります。

滞納1ヶ月目から、催促状や催告書が送られてきます。

住宅ローン滞納3ヶ月から6ヶ月で、期限の利益損失(最終的に、催告書として送られてくる書面に記載)となります。

この状況になりますと、住宅ローン融資の金銭消費貸借契約違反となり、
銀行とのローン支払契約における、月々での分割支払いの権利を失う事になります。
同時に、融資をした金融機関は、債権者(住宅金融支援機構や、金融機関の保証会社)に、
残債務の一括返済請求を申請し、あなたに代わり全額返済を受けます。この行為を代位弁済と言います。

任意売却の手続きは、このタイミングで債権者に申請をし、合意を得ることで任意売却ができることになります。

売却価格は、一般的には市場相場の価格になりますが、最終的には債権者が判断します。

このタイミングを逃してしまうと、債権者は、やむを得ず法的手段として競売での手続きによる資金回収を行います。

競売の場合、落札されるまでの期間として競売手続きから3ヶ月以上かかり、
落札価格も一般市場相場価格の6割から7割程度になる事が多いです。
また、債権者は、時間と資金回収率を考え、できれば競売を回避して一般市場の相場価格にて
なるべく早く売却したいと考えている場合が多いようです。

競売の場合   任意売却の場合
価格が相場の50%〜80%で落札 価格 市場の物件に近い価格での売却が出来る
残債務が多く残ってしまう 残債 残債務を少しでも減らす事ができる
引越代が出ない 引越代 引越代を交渉できる
裁判所からの引渡命令や強制執行もある 引越時期 事前に協議して決められます
新聞やネット上に公開される 情報開示 事情を知られず売却が可能
金融機関との交渉も不利 交渉 交渉事は弊社に全てお任せ

このように競売と任意売却では大きな違いがあります。
あなたご自身が決断されて任意売却を選択することにより、これからの再生のチャンスが生まれてくるのです。

ご負担金は0円です。

債権者との合意のもと任意売却にて売買契約が成立した場合、
不動産の販売にかかる費用は売買代金から必要経費として
認めてもらうことが出来ます。
そのため、所有者が仲介手数料等の費用を準備する必要は
ございませんのでご安心ください。

決して諦めないで下さい。
あなたに合った解決策をご提案いたします。